本文へスキップ

ピンズラーアメリカ英語で英語を話せるようになろう!

TOEFL テスト/ピンズラーアメリカ英語

ピンズラーアメリカ英語

ピンズラーアメリカ英語

TOEFL テスト

■資格内容
英語での受講能力を測定 
英語を母国語としない人々がアメリカ・カナダなど英語圏へ留学する際、授業についていける英語力があるかどうかを測定するテストとして、ETS(Educational Testing Service)が開発。世界180以上の国で行われており、そのテストスコアは165か国・7,000以上の大学・短大などの団体、各種の政府機関、奨学金プログラムで受け入れられている。
 
平成22年6月現在、日本ではインターネット版TOEFLテスト(TOEFL iBT)が実施されているが、ペーパー版(TOEFL PBT)の今後の実施は未定。


■試験内容
4技能を総合的に判定 
TOEFL iBTで受験する場合、試験会場で各自1台のコンピュータを割り当てられ、すべてコンピュータ上で受験する。
 
試験はリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4セクションからなる。リスニングおよびスピーキング・ライティングは専用のマイクつきヘッドフォンを使用、ライティングはタイピングによる。
 テストは年間30回から40回実施予定。電話、インターネット、郵送にて希望日を予約する。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: Reading(60〜100分)、Listening(60〜90分)、Speaking(20分)、Writing(50分)
申込期間: 電話・インターネット=各試験日の7日前まで、郵送=各試験日の4週間前まで
試験日: 年間30回〜40回(土曜・日曜が中心)
試験地: 全国各地(随時公表)
受験料: US$200
評価法: 0〜120のスコアで表示


■問い合わせ先
国際教育交換協議会 TOEFL事業部
住所:〒150-8355 東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山
TEL:03-5467-5489


ピンズラーアメリカ英会話 通信講座

ピンズラーアメリカ英語は、単語・文法の丸暗記ではなく、英語を話す能力の上達に特化した、原則テキストを使わない画期的な英語学習法です。

英会話の質問を自ら考えて答え、そのフレーズを忘れた頃に繰り返して定着させることで、「英語が自然に口から出るようになる」ことを目指します。
無料資料請求はこちらから