本文へスキップ

ピンズラーアメリカ英語で英語を話せるようになろう!

TOEIC Bridge/ピンズラーアメリカ英語

ピンズラーアメリカ英語

ピンズラーアメリカ英語

TOEIC Bridge

■資格内容
初・中級レベルの英語能力を測定 
TOEICテストよりも「やさしくて」「日常的で身近な」「時間の短い」という、特徴を持つ、初級・中級者向けの世界共通のテスト。基礎的なコミュニケーション英語能力を判定する。
 
将来TOEICテストを受験するための第一歩として、また英語習得をめざす初期段階のレベルチェックとして活用されいいる。


■試験内容
身近な素材を問題に採用 
時間と問題数をTOEICテストの半分に設計。TOEICテストよりも日常的で身近なコミュニケーション場面や素材を問題に採用。リスニングセクションの出題スピードもTOEICテストより遅く、ネイティブスピーカーが注意深く話す場合のスピードと同じ程度だ。
 
受験者層は小学生から社会人までと幅広いが、8割以上を中学生・高校生を中心とする学生が占めている。
 団体特別受験制度(随時実施)と公開テストがあり、平成21年度は合わせて約19万8千人が受験した。以下は公開テストの内容になる。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: リスニング(50問・25分)、リーディング(50問・35分)
申込期間: 各試験日の約30日前に締切る
試験日: 3月、6月、9月、11月
受験地: 札幌、仙台、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡
受験料: 4,200円
受験者: 約4,000人(平成21年度)
評価法: 合格・不合格ではなく、スコアで評価


■問い合わせ先
(財)国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC運営委員会TOEIC Bridge事務局 東京業務センター
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2山王グランドビル
TEL:03-5521-6007


ピンズラーアメリカ英会話 通信講座

ピンズラーアメリカ英語は、単語・文法の丸暗記ではなく、英語を話す能力の上達に特化した、原則テキストを使わない画期的な英語学習法です。

英会話の質問を自ら考えて答え、そのフレーズを忘れた頃に繰り返して定着させることで、「英語が自然に口から出るようになる」ことを目指します。
無料資料請求はこちらから