本文へスキップ

ピンズラーアメリカ英語で英語を話せるようになろう!

TEP Test/ピンズラーアメリカ英語

ピンズラーアメリカ英語

ピンズラーアメリカ英語

TEP Test

■資格内容
実務英語の運用能力を判定 
問題作成や採点・運営などはミシガン大学と早稲田大学が行い、アメリカ大使館・日本商工会議所・ジャパンタイムズ社が後援する国際的な検定試験。国際ビジネスに不可欠な実務英語の運用能力を正確に判定しつつ、テクニカルライティング(科学・工業文作成技術)の普及をめざす。対象の実務英語は、論文、スペック、マニュアル、提案書、契約書、通信文など。


■試験内容
基礎力から実用能力まで 
レベルは4段階。1級は各種英文ドキュメント作成時に守るべき実用的で、専門的な英語の知識が必要。2級は各種英文ドキュメントに共通する英語の基礎能力やパラグラフの基本構成などが問われる。3級は実務英語の基礎力として、英文の基本構成、文法、語彙力を中心に評価。4級は社会で使う英文の基本構成、基礎専門用語、数・単位など評価される。


■試験情報
受験資格: 特に制限はないが、1級2次試験は1次試験の合格者のみ。
試験科目: 1級=1次:SUMMARY(20分)、EDITING(30分)、COMPOSITION(70分) 2次:面接
2級=英文和訳(40分)、修辞(40分)、和文英訳(20分)
3級=英文和訳(45分)、和文英訳(45分)
4級=総合問題(50分)
※1級1次・2級〜4級はすべて記述式の筆記。
申込期間: 3月1日〜4月中旬、9月1日〜10月下旬
試験日: 5月・11月の第2日曜日 ※1級の2次試験は、6月下旬と12月下旬。
試験地: 仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、北九州、沖縄
受験料: 1級=16,300円、 2級=7,100円、 3級=4,100円、4級=2,500円
合格率: 約40%


■問い合わせ先
日本テクニカルコミュニケーション協会 検定委員会
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-20-1 三進ビル
TEL:03-3406-3733


ピンズラーアメリカ英会話 通信講座

ピンズラーアメリカ英語は、単語・文法の丸暗記ではなく、英語を話す能力の上達に特化した、原則テキストを使わない画期的な英語学習法です。

英会話の質問を自ら考えて答え、そのフレーズを忘れた頃に繰り返して定着させることで、「英語が自然に口から出るようになる」ことを目指します。
無料資料請求はこちらから